サラリーマンの節税 極意の書

知らないサラリーマンは損してる!10年後に差がつく節税術

 

資産運用で節税!サラリーマンの一歩進んだ税金対策

節税も意識した資産運用方法として、サラリーマンにおすすめできる不動産投資/FX/株式投資/金投資/投資信託について解説します。

サラリーマンの節税にもなる投資方法

サラリーマンの税金対策2012年に第2次・安部内閣が発足して以来、アベノミクス効果によって投資の機運が高まっているようです。今やサラリーマンにとって、将来の資産形成や税金対策を意識した投資は身近なものといえます。

サラリーマンは頑張って残業しても、そのぶん税金や保険料が増えるので、なかなか可処分所得が増えません。だからこそ、将来に備えた節税や資産形成の意識を持つことは大事なのです。

このカテゴリでは、個人でも始められる投資方法として不動産投資、FX、株式投資、金投資、投資信託の5つを取り上げています。

それぞれのメリットやデメリット、そして節税効果などを説明しているので、自分に合った資産運用はどれかを調べてみてください。

これらの投資によって節税を行うには、損益通算などの仕組みも把握しておく必要があります。

損益通算について簡単に説明すると、資産運用の収益を赤字計上して、本業の収入から差し引くというもの。そうすることで収入額を低く抑えて、所得税額を減らすことができます

例えば、不動産投資で資産運用をする場合。物件の管理費、修繕費、広告費などの費用を経費に計上し、家賃収入よりも多くして帳簿上では赤字に計上します。そして、本業の収入から赤字ぶんの金額を差し引くことで、収入額を減らして所得税を安くするのです。

 
 
サラリーマンの節税 極意の書